YouTube戦略

グリーンバックを使ってゲーム実況動画に自分の姿をクロマキー合成する方法

この記事は、ゲーム実況者や配信者を目指している人、実際に活動してる人向けの記事です。グリーンバックについて知りたい人の参考になれば幸いです。

どうも。鳥の爪団 総統です。

筆者はYouTubeでゲーム実況をしています。
現在のチャンネル登録者数は約60000人です。

説得力の為に書きますが、筆者はゲーム実況で生計を立てています。

興味を持った方は是非見に来てくださいね。

今回は「グリーンバックを使ってゲーム実況動画に自分の姿をクロマキー合成する方法」というテーマでお話をしていきます。

▼実際にゲーム実況に取り入れた例はこちら

 

この記事を読むと以下のことが理解できます。

クロマキー合成とは

クロマキー合成とはキーイングと呼ばれる切り抜き合成の一種で、特定の色の成分から映像の一部を透明にし、そこに別の映像を合成する技術を言います。
背景色には人物の肌色と補色の関係 にあるブルーやグリーンが多く使用され、もっとも身近な例ではニュースの天気予報の映像です。
色(クロマ)をもとにしたキー信号を使用するため、クロマキーと呼ばれています。

引用:クロマキー合成とは?グリーンバックとブルーバックの違いって?|クロマキー撮影スタジオなら越後屋スタジオ

YouTubeにおいてのクロマキー合成

クロマキー合成は近年YouTuberやゲーム実況者の間でも使う例が多く、注目を集めています。導入のハードルが低いのもポイントです。クロマキー合成用のフリー素材も多く、YouTube内で「green screen」と検索するだけでもたくさんの素材が出てきます。また、背景色はグリーンだけでなく、ブルーやブラックなどもあり、撮影の用途に応じて色を使い分けます。名称もバックスクリーンやバックペーパーと呼ばれることもあります。

グリーンバックを使うメリット・デメリット

ゲーム実況動画にワイプ画面を導入する意味グリーンバックを使うメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

  • ワイプ画面を導入する意味
  • ・視聴者に実況者の感情や状況が伝わりやすくなる
  • ・他の実況者との差別化に繋がる
  • グリーンバックのメリット
  • ・背景が透過されワイプ画面の圧迫感を軽減できる
  • ・ゲーム実況以外の用途で使用することもできる(企画の幅が広がる)

YouTubeのテレビ化は進み、個人レベルで発信する動画にも高いクオリティが求められる時代へと突入してきています。

その流れは当然ゲーム実況界にもあり、プレイヤーの動きや表情、感情、状況が伝わりやすくなるワイプ画面を導入するチャンネルは増えてきています。

デメリット

  • グリーンバックのデメリット
  • ・機材にコストがかかる
  • ・設置や撮影、編集の手間が増える

臨場感のある動画が撮れるようになる分、コストや手間は当然かかります。
設置などが毎日の作業となると大変かもしれません。

グリーンバックの設置方法

具体的に筆者が使用しているグリーンバックのご紹介と設置方法を見ていきましょう。

筆者の使用している機材

グリーンバック単体の価格は¥ 1,980
撮影スタンドの価格が¥ 3,998
合計で¥ 5,978です。
2019年10月現在

グリーンバックのサイズや素材、キャリーバッグのありなしによっても値段が変動します。筆者の場合、ある程度の大きさや品質が欲しかったのですが、コスパ重視で選ぶこともできます。

更に高品質なものは下記など。


スタンドを組み立てる

撮影用の三脚スタンドを組み立てていきます。
とても簡単です。ドライバーなども必要ありません。
調整は以下の範囲できます。

  • ❶高さ調整範囲:75cm-205cm
    ❷幅調整範囲:140cm-280cm

洗濯バサミのようなクリップも付属されているので、グリーンバックを固定できます。

グリーンバックをかける

簡易的に使用したい場合はグリーンバックをポールに垂らすだけでOKです。

グリーンバックの穴にポールを通すこともできるので、床までグリーンバックを伸ばしたいときもずり落ちることがなくて安心です。

撮影した素材を合成する方法

撮影が完了したら編集ソフトでクロマキー合成をしていきます。
私が使用している編集ソフトはAviUtlです。無料のソフトです。

AviUtlは、ゲーム実況者の中では使用している人も多く、拡張機能が豊富です。当然有料の編集ソフトにも、クロマキー合成やカラーキーの機能は用意されているはずなので問題なしです。

①Aviutlの場合は拡張機能の+ボタンからクロマキーを選択。
②キー色の指定で撮影した素材のグリーンバックの色をピックします。
③色相範囲や彩度範囲を調整すればグリーンバックの緑色がなくなり、透過されるはずです。

詳しいやり方はこちらの記事が参考になります。
»【AviUtl】透明化エフェクト(クロマキー・カラーキー・ルミナンスキー)の使い方【キーイング】

背景を透過したことでワイプ画面が綺麗に映るようになりました。
ワイプの大きさは、元素材の30%前後くらいにすると綺麗です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
ワイプ画面を導入したり、グリーンバックを使用すれば、より視聴者に臨場感が伝わるゲーム実況動画を作れるようになります。

ご紹介した機材はこちらから詳細がチェックできます。

 

導入のハードルも非常に低いので、顔出し配信などに興味のある方は検討してみてはいかがでしょうか。

今回は以上です。

“YouTubeやゲーム実況に関する記事”をドンドン発信しています。 是非こちらもチェックを。

≫ ゲーム実況に顔出しはいる?いらない?顔出しするメリット・デメリットをゲーム実況者が考察してみた

≫ 自分の心拍数を画面にリアルタイムで表示して臨場感のあるゲーム実況動画を作る方法

≫ 【裏技】今からゲーム実況で伸びるための最短の方法【YouTube:チャンネル登録を増やす】

記事の更新告知はTwitterでしています。こちらも是非フォローお願いします。

また別の記事でお会いしましょう。

ピックアップ記事

  1. 【YouTuberを目指す】プロフィール写真(アイコン)ってどうするべき?自分で…
  2. 【裏技】ゲーム実況で今すぐ成果を出したいなら単発企画を量産すべき4つの理由
  3. 中学生時代、2年半不登校だった話
  4. 【収益公開】YouTubeに投稿してる動画をTopBuzzVideo(バズビデオ…
  5. 【情報戦に勝つ】ゲーム実況者なら押さえておきたい!ゲーム最新情報・トレンドを手に…

関連記事

  1. YouTube戦略

    ゲーム実況者の俺がWordPressで初めてのブログ開設をした話

    はじめにというわけで突然始まった ”鳥の爪団 総統” のブログ「と…

  2. ゲーム

    【ゲーマー必見】現役ゲーム実況者が選ぶ、オススメの光回線会社。【比較:早見表アリ】

    この記事は、FPSなどのオンラインゲームを遊ぶ方やネット初心者向けの記…

  3. YouTube戦略

    【実際どうなの?】ゲーム配信で時給が手に入るサイト”Mildom(ミルダム)”の現状を解説します

    この記事は、ゲーム実況者や配信者を目指している人、実際に活動してる人向…

  4. YouTube戦略

    自分の心拍数を画面にリアルタイムで表示して臨場感のあるゲーム実況動画を作る方法

    この記事は、ゲーム実況者や配信者を目指している人、実際に活動してる人向…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

よく読まれている記事

鳥の爪団 LINEスタンプ

鳥の爪団 バズビデオ

  • Google Play で手に入れよう
  • App Storeからダウンロード

OFFICIALグッズストア

ピックアップ記事

  1. 【YouTuber向け】動画編集ソフト、有料と無料どっちがお…
  2. 【ゲーマー必見】現役ゲーム実況者が選ぶ、オススメの光回線会社…
  3. 【実際どうなの?】現役ユーチューバーがYouTuber専門学…
  4. 【悪用厳禁】YouTube攻略:権威性を示して視聴者からの信…
  5. 【実体験】活動歴7年のゲーム実況者がVtuberになった方法…
  6. 【在宅ワークが集中できない人必見】”自宅の作業効…
  7. 【誰でも喋れるようになれる】トークスキルを上げる:現役ゲーム…
  8. 【ノイズにさよなら】声を高音質で録音する。”音質改善”のコツ…
  9. 【2020】『本気でゲーム実況者を目指す人』におすすめしたい…
  10. ゲーム実況者を目指している人、プライベートでゲームをしすぎと…
  1. 総統の日常

    今だからこそ考えたい「ギバーとテイカー」の話
  2. ゲーム

    【2020】『本気でゲーム実況者を目指す人』におすすめしたいゲーミングPC:最新…
  3. 映画

    【2019】見れば人生が変わる?!心に響くおすすめ映画4選
  4. YouTube戦略

    【実際どうなの?】現役ユーチューバーがYouTuber専門学校の資料請求してみた…
  5. YouTube戦略

    【YouTuberを目指す】押さえておくべき、BGMのこと。選曲・編集のコツ。フ…
PAGE TOP